外貨FXのことなら

 外貨FXネット


外貨FXシステムトレード

システムトレードとは、システマチック=機械的に売買をするトレード手法を言います。システムというと機械を利用した取引というイメージを受けますが、例えばパソコン等を利用しなくても、一定のルールを決め、完全にそれに従って取引をすれば、それはシステムトレードです。

株式にしろ為替にしろ、トレーディングをしている投資家は絶えずいろんな情報を集めた上で判断を行っているのですが、どうしても勘や主観的恣意等で投資判断を行ってしまい、後で更改するということも皆さん経験されているのではないでしょうか?

システムトレードでは、過去の膨大なデータに基づきシミュレーション(バックテスト)し、トータルとして利益が出るような売買ルールをきめ、そのルールに従って取引をします。こうして勘や恣意的判断を排除するのです。もちろん、いくつかの取引では損を出すでしょうが、トータルとして利益が出ると考え割り切ります。システムに従って取引するだけですので、投資判断に悩む事もなく、精神的にも楽です。

システムトレードで使用するシステムは、各種テクニカル手法、海外インデックス、値動きパターンなど、様々なものを組み合わせて構築します。また、そのようなシステムを複数組み合わせることも多いです。様々な考え方のシステムを組み合わせた方が、リスクヘッジできて、長い目で見たら安定した収入を生み出すと思います。

システムトレードと一口に言っても、やり方はいくつかあります。 一つは、サービス業者がシステムを所有し、そのシステムが取引を指示するときにシグナルをメールで送ってくるサービス(シグナル配信サービス)を利用する方法です。 二つ目は、取引を行う皆さんがシステムを購入し、そのシステムがルールに従い取引すべき時にパソコン画面上でシグナルを出し、それに従い投資家が取引を行うサービスです。これらのタイプのシステムトレードでは、お分かりのとおり、シグナルが出てから取引を実際に行うまでに、タイムラグがありますし、投資家が忙しいときはシグナルどおりに取引できないということになります。 しかし、システムトレードは、トータルで利益が出るようにルールが構築されているのであって、そのシグナルの一部だけ実践するのでは意味がありません。また、投資家が介在することで、投資家の主観的判断が邪魔をする可能性もあります。

そこで、さらに進んで、システムがシグナルを出すのみならず、自動的に発注をしてくれる全自動システムも最近は登場してきました。